更年期障害の原因はホルモン分泌の変化によって引き起こされる

更年期障害は、特に女性に多い症状で有ると考えられておりますが、更年期障害を起こす原因やその症状に付いて考えて見ましょう。
更年期障害は実は女性の身体が持つ月経と大きな関係を持っている事を理解しておく事が必要です。

女性の身体は妊娠や出産と言う男性には無い機能を持っている為、一定の周期で月経を繰り返します。
しかし、年齢を重ね45歳から55歳位になるとこの月経が止まるいわゆる閉経を迎えて来ます。

この45歳から55歳位の期間を「更年期」と呼びます。
更年期障害は、特にこの更年期期間中に身体等に起こる症状を指しております。
女性の身体は妊娠や出産に備えて、卵巣から2種類のホルモンが分泌されております。

1つはエストロゲンと呼ばれるホルモンで、子宮内膜を厚くし受精卵の着床の準備を促すホルモンです。

そしてもう1つはプロゲステロンと言われるホルモンで、排卵後に分泌されるプロゲステロンの働きによって子宮内膜に受精卵が着床する環境を作る働きを持っております。
この2つのホルモンが、更年期期間に入る前はバランス良く分泌を繰り返しているのです。

しかし、加齢と共に卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌量が減少してしまうと、脳からのホルモン分泌を促す指令が過剰になってしまい、その結果として異常な発汗やイライラ等のいわゆる更年期障害と言われる症状を引き起こしてしまいます。
主な更年期障害の症状には次の様な物が挙げられます。

先ず精神神経系の症状としては、頭痛やめまい耳鳴り、判断力や集中力の低下、不眠や不安感にかられる等が有ります。
次に血管運動神経系の症状としては、のぼせやほてり、過剰な発汗や冷え、更に動悸や息切れ等を挙げる事が出来ます。

特に更年期障害の代表的な症状と言われるホットフラッシュは、この血管運動神経系の症状の一つです。

更に、泌尿器や生殖器系の症状としては、月経異常を始めとして、頻尿や残尿感尿失禁等の症状、運動器官系の症状では、肩コリや腰痛関節痛等の症状が考えられます。

これらの症状は更年期期間中の生活環境の変化やストレス等によっても症状が変わるので、先ずは医療機関等の正しい受診を受ける事が必要です。

関連記事

NO IMAGE

更年期障害の対処法として特別なことはしない